古典的著作物や海外の気になるトピックスなどの和訳サイト


by hearty-nature
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:渡り鳥 ( 6 ) タグの人気記事

ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、6回目
今回で、このレポートは最終回です(*^-^*)

( 原文 )

◆ Complicated Conservation ◆

Conservation approaches are sometimes complicated because protections vary from country to country and data is scarce from vast geographical swaths including much of Africa and southern Asia.

But conservationists are relying on current research to fine-tune their strategies.

If certain pesticides are harming some birds, other alternatives may be available.

For some birds, preserving summer or winter grounds may be the key.
For others, "It's the tens of sites in between that are incredibly important," said Martin Fowlie, a BirdLife International spokesperson.

"It's only over the last few years, using these new technologies, we have seen how important some of these places are."

Even now, despite declines, migrants still flood the skies, giving ornithologists and conservationists hope.

"The time to protect a bird is when it's common," Greenberg said. "What we love about migration is that you can go out on a spring day and see it."


      * fine-tune : ~の微調整をする


( 和訳 )

◆ 保護の複雑さ・難しさ ◆

渡り鳥の保護への取り組みは国ごとに違っており、アフリカや南アジアを含む広大な地域でデータが不足しているため、保護対策は複雑で困難な場合がある。

しかし、保護団体は最新の研究に沿って対応を変えながら渡り鳥の保護活動を進めている。

たとえば、ある農薬がある種の鳥に害を及ぼしていることがわかれば、それに代わるものを使えばよい。

種によって、繁殖地や越冬地を保護することが重要となる場合もあるし、渡りの途中の数十箇所の中継地点の確保が非常に重要な場合もある。

「ここ数年の最新技術を用いた研究によって、渡りの中継地点がいかに重要であるかがわかってきた。」と、バードライフ・インターナショナル広報担当のマーティン・フォーリー氏は語った。

渡り鳥の数は確かに減っているが、今もなお、空一面に飛ぶ渡り鳥の姿が見られる。鳥類学者や保護団体は、まだ望みを捨ててはいない。

スミソニアン渡り鳥センターのグリーンバーグ氏は次のように語った。
「個体数が減ってしまってから保護するのでは遅すぎるんだ。春になって出かけていけば、また、いつものように渡り鳥たちに出会える・・それは本当にうれしいことだ。いつまでもそうあってくれることを願っている。」

Hayley Rutger for National Geographic magazine





                               訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-15 10:27 | 自然・環境・エコ関連トピック
ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、5回目です。

( 原文 )

◆ Time Running Out ◆

They're spearheading DNA studies of the Southern Hemisphere's largest migration, which spans South America—Earth's most bird-rich continent—and about which little is known so far.

"We believe that with modern technology like genetic techniques and stable isotopes, migration research in South America can come a long way in a very short time," said Levey, who receives support from National Geographic for his research.

And time is running out:
destructive agriculture in Latin America is decimating protective and food-rich forest cover for birds including the fork-tailed flycatcher, one of the birds Levey is studying.

As these forests shrink, so do the numbers of birds who depend on them for shelter and food. They have to search elsewhere for what they need, and in some cases become more vulnerable to predators.

But new research shows that locals can provide migrating birds with life-saving information about unfamiliar predators along their long-distance routes.

Biologist Joseph Nocera, at the University of New Brunswick, has shown for the first time that migrating songbirds identify and avoid these predators while traveling south. They learn which animals are dangerous by heeding local birds' alarm calls.

With support from National Geographic, Nocera found that songbirds like the red-eyed vireo and Swainson's thrush, migrating from Canada to Belize, quietly observe and learn from local birds, just "sitting back and gaining the benefits of the enhanced information."

He compared the traveling birds' learning process to his own experience as a first-timer in Belize: "I never knew what animal to avoid and what not to," he recalled. "I was jumpy around every snake I saw. So I thought, what must a migrating bird go through?"

Getting inside bird brains as Nocera has done is a major frontier for migration science, said Greenberg of the Smithsonian Migratory Bird Center. He anticipates future research into how individual migrants make choices and use spatial learning during their journeys will help scientists piece together more of the migration puzzle.


     * decimate : 滅ぼす、激減させる
       vulnerable : 攻撃されやすい
       

( 和訳 )

◆事態は急を要している ◆

フロリダ大学の動物学者ダグラス・リーヴィとアレックス・ジャンは、ナショナルジオグラフィックの支援を受けて、南米の渡り鳥の調査・研究を行っている。

南米は世界でも最も多様な鳥が生息している大陸であるにもかかわらず、そこに生息する渡り鳥については、これまでほとんど知られていなかった。

リーヴィー氏は、次のように語っている。
「遺伝子工学や安定同位体などの最新技術を使えば、南米の渡り鳥の研究は短期間で飛躍的に進められるだろう。」

そして、もはや事態は急を要している。
中南米諸国では、農地拡大のための森林破壊が進んでいる。

森林は、鳥たちを守り、豊富なえさを供給してきた。森林破壊は、森に依存している鳥の個体数の減少につながる。鳥たちは、隠れ家とえさをほかの場所に求めなくてはならず、また、捕食動物に狙われる確率も高くなる。

渡り鳥の危機が増大する中、渡り鳥は渡りの途中で遭遇する未知の捕食動物から身を守るための情報をその場所に生息する他種の鳥たちから得ていることが、最近の研究でわかってきた。

ニューブランズウィック大学の生物学者ジョセフ・ノセラ氏によると、渡り鳥は南へ向かう旅の途中で遭遇した未知の捕食動物を認識して避けるという。地元の鳥が発する警戒声を聞くことで、どの動物が危険なのかを知るというのである。

ナショナルジオグラフィックの支援の下、ノセラ氏は、カナダからべリーズへ渡るアカメモズモドキとオリーブチャツグミが、地元の鳥を静かに観察して学習することを発見した。

氏は、渡り鳥の学習過程を、初めてベリーズに行った時の自分の体験と照らし合わせて考えた。「初めてここに来た時は、どの動物が危険なのか全くわからなかったから、ヘビを見るたびにびくびくしたもんだよ。渡り鳥だって同じだろう。いったいどうやって天敵を知るんだろうと考えたんだ。」

ノセラ氏がしたように鳥の知能・学習能力を解明することがこれからの渡り鳥研究の主流となるだろうと、スミソニアン渡り鳥センターのグリーンバーグ氏は語った。氏は、個々の渡り鳥が渡りの途中で学習した情報をどのように選択し利用するのかが解明されれば、渡りの謎が解けるのではないかと期待している。


                               訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-14 17:04 | 自然・環境・エコ関連トピック
ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、4回目です。

( 原文 )

◆ Tracking a 10,000-mile Migration ◆

Scientists are also using satellite transmitters
to directly track larger birds' movements,
and are able to find out for the first time
the exact routes and extraordinary distances some birds travel.

The lives of many seabirds and shorebirds remain perfect puzzles for these one-ounce (30-gram) satellite tags.

Marine biologist Andrew Westgate, a National Geographic grantee,
has taped and glued transmitters to gull-like greater shearwaters,
which appear to be declining in the Atlantic Ocean.

Westgate's project leader, biologist Rob Ronconi of Dalhousie University in Nova Scotia, tracked six greater shearwaters for more than 10,000 miles over three ocean crossings‐the first-ever record of their Atlantic migration, which took them from North America to Africa, back west to South America, and finally to their nesting grounds between South America and Africa.

Oil spills, fishing lines, and predators introduced to certain breeding spots might be contributing to the shearwaters' apparent decline,
but scientists have yet to gather strong evidence of how many birds are dying.

Satellite-tagging programs like this one may help shed new light. Important protections have already resulted from the information other seabirds have relayed.

By satellite-tagging endangered albatross,
ornithologists have shown that many die
after getting tangled up in fishing gear.
This helped lead to a 12-nation treaty,
the Agreement for the Conservation of Albatrosses and Petrels, which President Bush proposed the U.S. join in October 2008.


( 和訳 )

◆ 1万マイルの渡りの追跡調査 ◆

渡り鳥に衛星送信機を装着して、その移動経路を直接追跡調査している研究者もいる。この研究によって、いくつかの種で、正確な飛来経路とその驚くべき飛行距離が明らかになった。

なお、衛星送信機は30gの重量があり、
この方法は大型の鳥に限られるため、
多くの海鳥、シギ・チドリなどの海辺の鳥の生活史は、未だ謎に包まれたままである。

ナショナルジオグラフィックの補助金受領者である海洋生物学者アンドリュー・ウェストゲート氏は、大西洋に分布し近年生息数が減少していると見られるズグロミズナギドリの追跡調査を行っている。

カナダのノバスコシア州にあるダルハウジー大学の生物学者ロブ・ロンコーニ氏の研究チームがこのプロジェクトに取り組み、6羽のズグロミズナギドリに衛星送信機を装着、3つの海を渡る1万6000キロ以上の長い渡りの旅の経路をはじめて明らかにした。

ズグロミズナギドリは、北米から大西洋を横断してアフリカへ、再び西へ向かい南米へ、その後、南米とアフリカの間にある大西洋上の繁殖地へたどり着くことがわかった。

移動経路上での原油流出、釣り糸に絡まる事故、繁殖地への新たな捕食動物の侵入がズグロミズナギドリの個体数減少の原因と考えられるが、どのくらいの数のズグロミズナギドリがそういった原因で命を落としているのか、なお、研究中である。

ほかの海鳥についても、このような衛星による追跡調査が行われており、重要な保護対策が始められている。

絶滅の危機に瀕するアホウドリの衛星追跡調査では、はえ縄漁に巻き込まれて死亡する事故が多いことが判明し、これを受けて、「アホウドリ類とウミツバメ類の保全に関する協定」(2004年2月発効)に2008年10月にはアメリカ合衆国も加わり、12カ国が批准国となっている。


                               訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-13 13:33 | 自然・環境・エコ関連トピック
ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、3回目です。

( 原文 )

◆ The Case of the Mysteriously Vanishing Bobolink ◆

The bobolink has declined by nearly 50 percent since 1966,
according to the North American Breeding Bird Survey.

Rosalind Renfrew, a biologist at the Vermont Center for Ecostudies,
is hoping to pinpoint some causes of this loss by deciphering the bird's diet.
She's doing this by collecting bobolink feathers
and analyzing their stable isotopes
—one of the most promising strategies
for interpreting how circumstances on wintering grounds affect birds' success on breeding grounds and their overall survival.

Scientists began studying isotopes (versions of one element with different numbers of neutrons) in migratory birds during the 1990s to monitor the diets of large groups.

Bobolinks, which gather in huge flocks,
grow new breeding plumage containing carbon and nitrogen isotopes from food they eat in South America,
and the information scientists glean from the feather isotopes
"tells you what winter habitats they're in,
which determines what threats they might be facing,"
said Renfrew, who is currently analyzing feathers snipped last summer.

Those threats include pesticides in Bolivia and,
to a lesser extent, control efforts throughout the bobolink's winter range by South American farmers, who consider the birds vermin.
(North American farmers used to take potshots at bobolinks
until a U.S. bird protection law forbade it).

As farmland has replaced the South American grasslands
bobolinks historically used for food, their diets have shifted.

With support from the National Geographic Society's Committee for Research and Exploration, Renfrew is analyzing the extent to which bobolinks rely now on South American rice instead of wild seeds.

Rice might fatten birds better, but it also comes with risks, such as pesticides, and may not result in ideal body condition for migration and reproduction.


     * decipher : (鍵、仕組みを発見して)解読する
       interpret : 説明する
       glean : (事実・情報などを)少し筒収集する
       snip : はさみでちょきんと切る

( 和訳 )

◆ ボボリンクの個体数減少の謎 ◆

北米における繁殖鳥類調査によると、1966年以降
ボボリンクの生息数はおよそ半分に減ったことがわかっている。

バーモント生態学センターの生物学者ロザリンド・レンフルー氏は、
ボボリンクが何を食べているかを詳細に調査することで、
生息数の激減の一因を特定できるのではないかと考えている。

レンフルー氏は、ボボリンクの羽に含まれる安定同位体の分析を行っている。
この方法は、越冬地の環境が個体の生き残りや夏の繁殖地での繁殖の成功にどのような影響を与えるのかを解明するうえで、最も有力と見られている。

1990年代から、渡り鳥の食餌を追跡するのに同位体(同じ元素の原子で、原子核の中性子数が異なるもの)の分析が行われるようになった。

ボボリンクは巨大な群れを作る鳥で、夏に生える繁殖羽には、越冬地の南アメリカで食べたものに由来する炭素、窒素の同位体が含まれる。

現在、去年の夏に収集したボボリンクの繁殖羽を分析中のレンフルー氏は、
「ボボリンクの羽に含まれる同位体から越冬地の環境を知ることができるので、彼らがどんな脅威に直面しているのかを決定付けることができます。」と、語った。

ボボリンクの生息数の減少の一因に、ボリビアの農薬汚染が上げられる。
また、越冬地である南アメリカでは害鳥とみなされ駆除されている。
(北アメリカでも、野鳥保護法の制定で禁止される以前には、
農夫が猟銃でボボリンクを撃っていた。)

ボボリンクの越冬地であった南アメリカの草地が農地に変わったため、
本来は野生の植物の種を餌としていたボボリンクは米を食べるようになった。

レンフルー氏は、ナショナルジオグラフィック協会の研究・探査委員会の支援の下で、ボボリンクがどの程度南アメリカの米に依存しているのか研究中である。

米を食べると鳥はよく太れるが、農薬などの危険も伴う。
農薬汚染された米を食べることで、渡りや生殖に耐える健康状態を維持できなくなっている可能性がある。


( つづく・・ )
                               訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-13 01:58 | 自然・環境・エコ関連トピック
ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、2回目です。

( 原文 )

"In the 1970s and 1980s, there was this epiphany that,
'Oh my God, these birds not only migrate,
but they might spend six months in the tropics
and another few months getting to the tropics,'"
said ornithologist Russell Greenberg,
director of the Smithsonian Migratory Bird Center in Washington, DC.
"Now that migratory bird populations seem to be declining
or changing a lot, everyone's desperate."

The physical rigors and many other dangers of migration
cause about 85 percent of all songbird deaths,
and humans are adding to the dangers,
warns Cornell University ornithologist Miyoko Chu.

Fewer birds return to their breeding grounds every year
because of poisoning by pesticides,
habitat loss resulting from destructive agriculture,
and other human pressures.

Climate change can damage habitats and alter the ecological rhythms birds depend on, including peaks in their food sources.

◆ Dramatic Declines ◆

In the Americas, more than half of all migrating bird species
have dwindled in number in the past 40 years,
according to BirdLife International, a U.K.-based conservation group.
The National Audubon Society notes that some North American species have plummeted by as much as 80 percent in the last four decades.

Birds flying between Europe, the Middle East, and Africa
have declined as well—by 40 percent.
But it's still unclear exactly why.
So ornithologists are working to find out where birds go
and what trials they face each season
—before their journeys get any tougher.

By examining molecules in birds' tissues,
fitting them with location-sensing tags,
and even studying how migrants learn survival strategies
from local birds along their routes,
scientists have begun seeing how conditions birds face in summer
might affect their survival in winter, or vice versa.


( 和訳 )

ワシントン市にあるスミソニアン渡り鳥センター長のラッセル・グリーンバーグ氏はこう語った。
「1970~80年代に、ひらめいたんだ。『なんてことだ。渡り鳥は、単に移動するだけじゃなくて、熱帯で6ヶ月も過ごす上に、そこに辿り着くまでに何ヶ月もかかってるんじゃないか。』ってことが。・・残念なことに、渡り鳥の数は減って、いろいろな変化が起こっている。」

身体的な過酷さと渡りの途中に出会うさまざまな危機のために個体群の85%は死んでしまうが、これに加えて、人為的な脅威が渡り鳥を脅かしていると、コーネル大学の鳥類学者ミヨコ・チュウ氏は警告する。

農薬による中毒や農業の変化に伴う生息地の消失などの人為的要因のために、渡りを終えて繁殖地に戻ってくる渡り鳥の数は年々減少しているのである。

また、気候変動によっても生息地の環境が損なわれ、生態系のリズムが狂う。このため、渡り鳥は十分な食餌を得られない可能性がある。

◆ 劇的な減少 ◆

バードライフ・インターナショナル(イギリスに本部を置く国際的な野鳥保護団体。野生鳥類とその生息地の保護を目的とする。)によれば、40年前と比べると、アメリカ大陸に生息する渡り鳥の半分以上の種で生息数が減少しているという。
この40年で個体数が80%も減少した種もあることが、米国オーデュボン協会(主に鳥類の保護を行う自然保護団体)の調査でわかっている。

ヨーロッパ~中東~アフリカを渡る鳥の数も40%は減少しているというが、その理由は未だ明らかにされていない。
鳥類学者たちは、渡りの旅がますます過酷なものにならないよう、
渡りの経路や季節ごとの障壁の解明に取り組んでいる。

鳥の体組織の分子レベルでの研究や、野鳥に送信機をつけて人工衛星で飛来経路を追跡するなど、夏の繁殖地でのコンディションが越冬に及ぼす影響についても研究が進められている。

 
( つづく・・ )
                              訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-12 16:46 | 自然・環境・エコ関連トピック
ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 を。

( 原文 )

The bobolink, a North American relative of blackbirds,
finds its wintering grounds in South America
by reading the sun and stars, Earth's landscape and magnetic fields,
and polarized light humans can't even see.
This songbird travels 6,000 miles (9,656 kilometers) with no guide
—and he's only a few months old.

He's just one star in the sky.
Millions of palm-sized songbirds streak south on fall nights,
clouding weather radar displays like storms.

Geese, birds of prey, and shorebirds migrate, too,
sometimes crossing entire continents.
Pale terns and albatross zigzag across oceans,
covering millions of miles in a typical 50-year lifespan
and completing some of the longest flights known to science.

Even though migratory birds
are among the world's most accomplished air travelers,
the mysteries of how they do it
and where many species go remain unsolved.

Up to 80 percent of all North American forest birds
make seasonal treks, but ornithologists have only recently started tracking long-distance migrants beyond their summer breeding zones.

And they are only beginning to fill in major information gaps
to answer basic questions about these birds' abilities,
their habits throughout the year, and the risks they may encounter.

Even though scientists still don't know
where many avian migrants spend their non-breeding season
—tracking full migrations is a relatively new field—
they do understand these birds face unprecedented, serious threats.

And that's of urgent concern
since migratory birds are experiencing precipitous declines.


   * streak : 全速力で動く
      unprecedented : 空前の、無比の
      precipitous : 急激な


( 和訳 )

北アメリカで繁殖するムクドリモドキ科の鳥ボボリンク(和名はコメクイドリ)は
冬が近づくと、太陽や星の位置、地形、磁場、人間には見えない偏光などをたよりに、南アメリカの越冬地へ渡る。
生後わずか数ヶ月の鳥が、案内もなしで1万キロ近い長い渡りの旅をするのである。

秋の夜、越冬地へと向かうボボリンクの大群は空を埋め尽くし、
気象レーダーには、あたかも嵐が南へ向かっているかのように映る。

ガン、猛禽類、シギ・チドリなどにも、北米大陸全土を移動するものがいる。
現在知られている最長飛行距離の記録を持つのはアジサシやアホウドリで、彼らは海洋上をジグザグに移動し、寿命50年間の飛行距離は数百万マイルに及ぶ。

渡り鳥は世界中で最も長けた空の旅人と言われるが、
渡りのメカニズムや経路については、まだ謎に包まれている。

北アメリカの森に生息する鳥類の80%が季節的な移動をすることが知られているが、夏の繁殖地を旅立った後の移動経路は、最近まで知られていなかった。

渡り鳥の能力、年間を通しての習性、遭遇する危険といった基本的な問いについてさえ、やっと解明され始めたところだと言える。

渡りの全経路を追跡する研究はまだ始まったばかりで、
非繁殖期をどこで過ごすのか知られていないものが多いが、
渡り鳥が、未だかつてない深刻な危機に瀕していることだけは確かだ。

渡り鳥は急激に個体数が減ってきており、渡りの経路の調査をはじめとする渡り鳥の研究は、急を要する大きな問題とされている。

(つづく・・・)


◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-12 10:13 | 自然・環境・エコ関連トピック