古典的著作物や海外の気になるトピックスなどの和訳サイト


by hearty-nature
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

渡り鳥はどこへ?(3) ~ National Geographic News 2009-2-6 

ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、3回目です。

( 原文 )

◆ The Case of the Mysteriously Vanishing Bobolink ◆

The bobolink has declined by nearly 50 percent since 1966,
according to the North American Breeding Bird Survey.

Rosalind Renfrew, a biologist at the Vermont Center for Ecostudies,
is hoping to pinpoint some causes of this loss by deciphering the bird's diet.
She's doing this by collecting bobolink feathers
and analyzing their stable isotopes
—one of the most promising strategies
for interpreting how circumstances on wintering grounds affect birds' success on breeding grounds and their overall survival.

Scientists began studying isotopes (versions of one element with different numbers of neutrons) in migratory birds during the 1990s to monitor the diets of large groups.

Bobolinks, which gather in huge flocks,
grow new breeding plumage containing carbon and nitrogen isotopes from food they eat in South America,
and the information scientists glean from the feather isotopes
"tells you what winter habitats they're in,
which determines what threats they might be facing,"
said Renfrew, who is currently analyzing feathers snipped last summer.

Those threats include pesticides in Bolivia and,
to a lesser extent, control efforts throughout the bobolink's winter range by South American farmers, who consider the birds vermin.
(North American farmers used to take potshots at bobolinks
until a U.S. bird protection law forbade it).

As farmland has replaced the South American grasslands
bobolinks historically used for food, their diets have shifted.

With support from the National Geographic Society's Committee for Research and Exploration, Renfrew is analyzing the extent to which bobolinks rely now on South American rice instead of wild seeds.

Rice might fatten birds better, but it also comes with risks, such as pesticides, and may not result in ideal body condition for migration and reproduction.


     * decipher : (鍵、仕組みを発見して)解読する
       interpret : 説明する
       glean : (事実・情報などを)少し筒収集する
       snip : はさみでちょきんと切る

( 和訳 )

◆ ボボリンクの個体数減少の謎 ◆

北米における繁殖鳥類調査によると、1966年以降
ボボリンクの生息数はおよそ半分に減ったことがわかっている。

バーモント生態学センターの生物学者ロザリンド・レンフルー氏は、
ボボリンクが何を食べているかを詳細に調査することで、
生息数の激減の一因を特定できるのではないかと考えている。

レンフルー氏は、ボボリンクの羽に含まれる安定同位体の分析を行っている。
この方法は、越冬地の環境が個体の生き残りや夏の繁殖地での繁殖の成功にどのような影響を与えるのかを解明するうえで、最も有力と見られている。

1990年代から、渡り鳥の食餌を追跡するのに同位体(同じ元素の原子で、原子核の中性子数が異なるもの)の分析が行われるようになった。

ボボリンクは巨大な群れを作る鳥で、夏に生える繁殖羽には、越冬地の南アメリカで食べたものに由来する炭素、窒素の同位体が含まれる。

現在、去年の夏に収集したボボリンクの繁殖羽を分析中のレンフルー氏は、
「ボボリンクの羽に含まれる同位体から越冬地の環境を知ることができるので、彼らがどんな脅威に直面しているのかを決定付けることができます。」と、語った。

ボボリンクの生息数の減少の一因に、ボリビアの農薬汚染が上げられる。
また、越冬地である南アメリカでは害鳥とみなされ駆除されている。
(北アメリカでも、野鳥保護法の制定で禁止される以前には、
農夫が猟銃でボボリンクを撃っていた。)

ボボリンクの越冬地であった南アメリカの草地が農地に変わったため、
本来は野生の植物の種を餌としていたボボリンクは米を食べるようになった。

レンフルー氏は、ナショナルジオグラフィック協会の研究・探査委員会の支援の下で、ボボリンクがどの程度南アメリカの米に依存しているのか研究中である。

米を食べると鳥はよく太れるが、農薬などの危険も伴う。
農薬汚染された米を食べることで、渡りや生殖に耐える健康状態を維持できなくなっている可能性がある。


( つづく・・ )
                               訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-13 01:58 | 自然・環境・エコ関連トピック