古典的著作物や海外の気になるトピックスなどの和訳サイト


by hearty-nature
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

渡り鳥はどこへ?(2) ~ National Geographic News 2009-2-6 

ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2009年2月6日の記事から
「Where Are All the Migratory Birds Going?」 のつづき、2回目です。

( 原文 )

"In the 1970s and 1980s, there was this epiphany that,
'Oh my God, these birds not only migrate,
but they might spend six months in the tropics
and another few months getting to the tropics,'"
said ornithologist Russell Greenberg,
director of the Smithsonian Migratory Bird Center in Washington, DC.
"Now that migratory bird populations seem to be declining
or changing a lot, everyone's desperate."

The physical rigors and many other dangers of migration
cause about 85 percent of all songbird deaths,
and humans are adding to the dangers,
warns Cornell University ornithologist Miyoko Chu.

Fewer birds return to their breeding grounds every year
because of poisoning by pesticides,
habitat loss resulting from destructive agriculture,
and other human pressures.

Climate change can damage habitats and alter the ecological rhythms birds depend on, including peaks in their food sources.

◆ Dramatic Declines ◆

In the Americas, more than half of all migrating bird species
have dwindled in number in the past 40 years,
according to BirdLife International, a U.K.-based conservation group.
The National Audubon Society notes that some North American species have plummeted by as much as 80 percent in the last four decades.

Birds flying between Europe, the Middle East, and Africa
have declined as well—by 40 percent.
But it's still unclear exactly why.
So ornithologists are working to find out where birds go
and what trials they face each season
—before their journeys get any tougher.

By examining molecules in birds' tissues,
fitting them with location-sensing tags,
and even studying how migrants learn survival strategies
from local birds along their routes,
scientists have begun seeing how conditions birds face in summer
might affect their survival in winter, or vice versa.


( 和訳 )

ワシントン市にあるスミソニアン渡り鳥センター長のラッセル・グリーンバーグ氏はこう語った。
「1970~80年代に、ひらめいたんだ。『なんてことだ。渡り鳥は、単に移動するだけじゃなくて、熱帯で6ヶ月も過ごす上に、そこに辿り着くまでに何ヶ月もかかってるんじゃないか。』ってことが。・・残念なことに、渡り鳥の数は減って、いろいろな変化が起こっている。」

身体的な過酷さと渡りの途中に出会うさまざまな危機のために個体群の85%は死んでしまうが、これに加えて、人為的な脅威が渡り鳥を脅かしていると、コーネル大学の鳥類学者ミヨコ・チュウ氏は警告する。

農薬による中毒や農業の変化に伴う生息地の消失などの人為的要因のために、渡りを終えて繁殖地に戻ってくる渡り鳥の数は年々減少しているのである。

また、気候変動によっても生息地の環境が損なわれ、生態系のリズムが狂う。このため、渡り鳥は十分な食餌を得られない可能性がある。

◆ 劇的な減少 ◆

バードライフ・インターナショナル(イギリスに本部を置く国際的な野鳥保護団体。野生鳥類とその生息地の保護を目的とする。)によれば、40年前と比べると、アメリカ大陸に生息する渡り鳥の半分以上の種で生息数が減少しているという。
この40年で個体数が80%も減少した種もあることが、米国オーデュボン協会(主に鳥類の保護を行う自然保護団体)の調査でわかっている。

ヨーロッパ~中東~アフリカを渡る鳥の数も40%は減少しているというが、その理由は未だ明らかにされていない。
鳥類学者たちは、渡りの旅がますます過酷なものにならないよう、
渡りの経路や季節ごとの障壁の解明に取り組んでいる。

鳥の体組織の分子レベルでの研究や、野鳥に送信機をつけて人工衛星で飛来経路を追跡するなど、夏の繁殖地でのコンディションが越冬に及ぼす影響についても研究が進められている。

 
( つづく・・ )
                              訳責 :かほ(*^-^*)



◆ランキング参加中。ポチッとクリックして下さったらうれしいな(*^-^*) 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




クリックで救える命がある。
クリックだけで募金ができます
人道支援、環境保全などに取り組むNPO団体に、無料で寄付♪


[PR]
by hearty-nature | 2009-02-12 16:46 | 自然・環境・エコ関連トピック